アクアデンタルクリニック

ホワイトニング whitening

ホワイトニングホワイトニングを行い、
あなたの笑顔がもっと魅力的に!
笑顔に自信がもてる素敵な美人になりませんか?

ホワイトニングとは薬剤で、歯の色を白くすることができます。
一人一人にあったマウスピースとホワイトニングジェルでご自宅や通勤中などの時間を使って歯を白くしていきます。

ホワイトニング多くの場合、1日2時間から4時間を1ヵ月程度の時間をかけて白くしていきます。


ホームホワイトニングのメリット

  • ホワイトニング歯を削らずに歯を白くすることができます。
  • 自宅でホワイトニングをすることができます。
  • ホワイトニングする時間を自分で自由に決めることができます。
  • 色が後戻りしにくい。
  • 薬剤の濃度がうすいので、歯に対する刺激が少なくてすみます。
  • 白くする本数が多い場合は治療費が安く経済的です。

ホームホワイトニングのデメリット

  • 歯が白くなるまで時間がかかります。

ホワイトニングのメカニズム

口腔内で化学分解された酸素基がエナメル質や象牙質に浸透し、着色部分だけに作用するため、歯牙の構造を変えることなく色調を明るくすることができると考えられています。(下記参照)

症例

ホワイトニング症例

ホワイトニング症例

ホームホワイトニングの流れ

問診・カウンセリング

1.問診・カウンセリング

検査

2.検査

歯のクリーニング

3.歯のクリーニング

歯の型どり

4.歯の型どり

トレーとホワイトニング剤

5.トレーとホワイトニング剤

ご自宅でホワイトニングトレーを装着

6.ご自宅でホワイトニングトレーを装着

使用説明

ホームホワイトニング剤の注入

ホームホワイトニング剤の注入

マウスピースへホームホワイトニング剤を注入します。


ホームホワイトニング剤の量

ホームホワイトニング剤の量

1歯あたり米粒1つ分を目安にホームホワイト二ング剤を注入します。


マウスピースの装着

マウスピースの装着

鏡を見ながらマウスピースを歯列に装着します。
ホワイトニング剤が歯面に行き渡っていることを確認してください。


マウスピースの洗浄

マウスピースの洗浄

ホワイトニング終了後、マウスピースを歯ブラシを用いて洗浄します。


マウスピース、ホームホワイトニング剤の保護

マウスピース、ホームホワイトニング剤の保護

マウスピースは洗浄を終えたら、水分をよく拭き取りケースに入れて保管します。
ホームホワイトニング剤は、冷蔵庫で保管して下さい。


ホワイトニングができない方

  • 健全でない歯(むし歯、くさび状欠損、咬耗、クラック等)
  • 無カタラ―ゼ症
  • 妊娠中、授乳期の女性
  • エナメル質形成不全、象牙質形成不全
  • 重度の歯肉炎や歯周炎
  • 知覚過敏症の患者
  • 重篤な変色歯
  • セラミック、金属、プラスチック等の人工歯

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチウォーキングブリーチは、歯の神経が無くなった歯が変色した場合に行うホワイトニング法です。

歯の中に漂白剤を入れて、歯の内側から歯を白くします。

神経が無くなった歯の変色は、内側からウォーキングブリーチをすることで色調もより自然な感じになります。

2週間ごとに漂白剤を交換し、通常 3~4回の治療で色調を改善することができます。

症例写真

ホワイトニング症例